普通のジムと何が違う?ダイエットの最後の砦、パーソナルジムとは?

普通のジムと何が違う?ダイエットの最後の砦、パーソナルジムとは?

コラム、基礎知識

気が付くといつもダイエット中。

なんとなく運動に気を使って、食事を減らして・・・と微妙にストレスを感じる生活を何か月も過ごしているけど、体型はぜんぜん変わらない。もしかして、ダイエットの方法が間違ってるかも?

そんな自己流ダイエットの不安を解消するのが、パーソナルトレーニングジムです。

パーソナルジムという言葉をなんとなく聞いたことはある・・・という方も多いかもしれません。そもそもパーソナルジムと普通のジムは何が違うんでしょうか?

パーソナルジムと【普通のジム】の違い

パーソナルジムとは、食事とトレーニングの両方を指導してくれる形式のジムのことを指します。

疑問を持つ女性
ジムには通っているけど、具体的に何が違うの?

そう、同じ「ジム」でも微妙に違うんです。

※アイコンやバーが表示されている場合、横にスライドできます。

項目ジム
(スポーツジム)
パーソナルジム
価格約1~2万円約20万円
食事指導なしあり
特徴一人で頑張るトレーナーと2人で頑張る
マシン空いていないこともある予約制なので好きなマシンを使える
予約不要必要

パーソナルジムと一般的なジムの違いは、ざっくりこのようになっています。ですが、「ジム」と一口にいっても、とてもたくさんの形式があります!

もう少し詳しく見ていきましょう。

スポーツジム

スポーツジムで運動をする男女

「ジム」と聞いて最初に浮かぶのはこのジムではないでしょうか。

スポーツジム/トレーニングジムとは、筋肉を鍛えるマシンや道具などが置いてある屋内型の運動施設です。

価格帯は1万~2万円くらいで、プランによっては3,000円を切るジムもあります。非常に大きな定義で、運営している団体は地方自治体から民間企業まで様々です。

メリット
  • 始めやすい価格
  • 設備も綺麗なことが多い
デメリット
  • 自己流のトレーニングのためケガや間違ったトレーニングの危険がある
  • 通うモチベーションが下がると幽霊会員になることも
  • 自分の使いたいマシンが使えない場合も

スポーツクラブ

スポーツチーム

その名の通り、スポーツを楽しむのが目的の団体です。リトルリーグや社会人フットサル、ママさんバレーなど。

メリット
  • ただトレーニングをするのではなく、ゲーム性があるので運動を楽しみやすい
デメリット
  • 人間関係のトラブルがあるかも
  • ダイエットを目的としている方にはすこし遠回り気味

フィットネスクラブ

フィットネスジムのプール

フィットネスクラブ(ジム)とは、スポーツクラブのうち、営利目的の施設のこと。企業が運営している場合が多いです。

室内にプール・トレーニングスタジオなどの、複数の運動施設を持っています。アスレチッククラブとも。

最近ではフィットネスジムのように総合的な設備を構えるスポーツジムが増えてきました。そのため、スポーツジムとフィットネスジムとの違いが曖昧になっています。

メリット
  • 始めやすい価格
  • マシンが新しく設備も綺麗なことが多い
  • ダイエットを比較的続けやすい
デメリット
  • 自己流のトレーニングのためケガや間違ったトレーニングの危険がある
  • 通うモチベーションが下がると幽霊会員になることも
  • 予約制度がないので、自分の使いたいマシンが使えないこともある
  • 食事管理は自分でしなければいけない

フィットネススタジオ

フィットネススタジオで運動する人々

フィットネススタジオとは、フィットネスクラブのうち、ダンスやヨガなどスタジオで行う形式のものです。

多くの場合、1人のトレーナーに対して複数人の利用者がいます。

メリット
  • 運動初心者の方におすすめ
  • 他の利用者と高め合いながら、モチベーションを保ちやすい
デメリット
  • 激しいエクササイズをあまり行わず、ダイエットの効果が見込みにくい
  • 人間関係のトラブルがあるかも
  • 食事管理は自分でしなければいけない

公営ジム(スポーツセンター)

荒川区のスポーツセンター

公営ジムとは、スポーツやトレーニングを通して住民の活性化を図る施設です。主に地方自治体が運営しており、プールやトレーニングマシンなどの設備がそろっていることがほとんど。

経営している母体によって規模は異なりますが、近年の健康志向から、設備の整った公営ジムや若年層の利用も増えてきました。

価格帯は非常に安く、一回利用する際の価格相場は、300~600円となっています。

メリット
  • とにかく安い!
  • 地域住民との交流が生まれる
  • 1回利用なので会員にならなくても良い
デメリット
  • ジムによっては、マシンが古かったり、衛生面に不安があったりすることも
  • 1回利用なので継続して通うモチベーションが下がりやすい
  • 予約制度がないので、自分の使いたいマシンが使えないこともある
  • 自己流のトレーニングのため、ケガや間違ったトレーニングの危険がある
  • 食事管理は自分でしなければいけない

パーソナルトレーニングジム

パーソナルジムで女性トレーナーのカウンセリングを受けている男性

パーソナルトレーニングジムとは、それぞれの利用者の状況・目的に合わせて、プロのトレーナーが食事やトレーニングに関する個別指導を行うジムのことです。「パーソナルジム」とも略されます。

トレーナーのスケジュールに合わせるため、多くのパーソナルジムが完全予約制。価格は高額で、平均コース価格相場は20万円ほどになります。

メリット
  • 食事指導があるため、高いダイエット効果が期待できる
  • トレーナーがいるのでモチベーションを高く保てる
  • マンツーマンだから周りの目が気にならない
  • 予約制なので、自分の好きなマシンを使うことができる
デメリット
  • 高額
  • トレーナーとのコミュニケーションが必須

プライベートジム

プライベートジム

プライベートジムとは、パーソナルトレーニングジムのうち、完全個室でトレーニングをするジムのことです。「パーソナルジム」という名称でも、プライベートジムの形式を取っていることもあります。

一部屋は10㎡から15㎡くらい(約6畳~8畳)のところが多く、広いところでも20㎡(約12畳以上)くらいと小規模であるケースが多いです。

メリット
  • パーソナルジムよりもっと集中できる
  • 見た目がジムらしくないので、通っていることが周りにバレにくい
デメリット
  • 高額
  • パーソナルジムより設備が劣ることがある

パーソナルジムのメリット

〇マークを出すトレーナーの女性

ジムによって、多様な特徴がありますが、どんなライフスタイル・目的の方にもおすすめしたいのはパーソナルジム。

誤解している女性
パーソナルジムって価格も高いし、食事制限とか厳しいんじゃないの?

そんな方に、まずはパーソナルジムのメリットをご説明します。

モチベーションを保ちやすい

優秀な経歴と豊富な実績を持つパーソナルトレーナー。そのプロが直々にマンツーマンでトレーニングや食事を指導するとあって、パーソナルジムはなかなか手が出ない価格設定

ですが、その分「こんな高いお金をつぎ込んだんだから、絶対に痩せてやる!」という大きなモチベーションになります。

トレーニングを重ねるとトレーナーとの信頼関係も強くなり、「この人の期待に応えたい」という気持ちから、ますます頑張る原動力に。

価格でパーソナルジムを諦める前に、こちらの記事をチェック!

成功率が高い

ダイエットは運動だけ、食事だけのどちらかでは成功しません。どちらもバランスよく行う必要があります。

パーソナルジムは、トレーニングメニューはもちろん食事面もサポート。スケジュールやカロリーを細かく計算し、続けやすく楽しめるプログラムを組んでくれます。

間違ったトレーニングやケガをしない

特に運動初心者の方では、筋肉が発達しておらずフォームで効かせるべき位置を自分で把握しづらく、間違ったトレーニングを続けるとケガのもとにもなります。

パーソナルジムの中には、NSCA・NESTA・JATIなど、認定資格を持っている優秀なトレーナーが在籍しているところもあるので、安心してトレーニングに専念できます。

リバウンドしにくい

ダイエットに成功すると、緊張の糸が切れることも。リミッターが外れて暴飲暴食してしまい、せっかくの苦労を水の泡にしてしまう方も多いです。

「努力して痩せても元に戻ってしまうのでは」という心配も、パーソナルジムなら解消できるかもしれません。

パーソナルジムの多くが、2か月のコース期間を設けています。毎食の報告を2か月間行うと、自然と食事を気遣う習慣ができるようになるでしょう。

パーソナルジムを卒業したあとも、自分の一日の摂取カロリーや栄養バランスに敏感になれるはず。それでもリバウンドが心配な方は、こちらのランキングをチェック。

実は、コスパが良い?

ダイエットは意外とお金がかかるもの。

プロテインやスポーツウェア、シューズといった備品はもちろん、タンパク質や野菜を中心にした栄養バランスの良い食材も、お米やパンに比べると高くつきます。

お財布事情を考慮してパーソナルジムを断念したのに、ダイエット期間が長ければ長いほど時間もお金もかかることに。月2万円のジムに10か月行くより、2か月20万円でパキッと終わらせちゃいましょう。

パーソナルジムはウェアやプロテインなどのアメニティ代が料金に入っていることが多く、中には手ぶらで行けちゃうパーソナルジムもありますよ。

メンタル部分もケアしてくれる

頑張っていることに疲れる日は、どうしてもあります。

頑張っているはずなのに思うように体型が変わらなかったり、イライラして我慢できずに食べたりすると、「自分ってなんてダメなんだろう」と落ち込んでしまうことも。

パーソナルジムトレーナーは、トレーニングや食事制限の厳しさをよく知っているからこそ、精神面もサポートしてくれます。

こんな人におすすめ
  • 確実に効果を出したい人
  • ジムに通っていたが痩せなかった、痛みが出たという人
  • その場しのぎではなく、継続した結果が欲しい人
  • 一人だと運動を続ける自信がない人

パーソナルジムのデメリット

×マークを出すトレーナーの女性

ダイエットにはうってつけの特徴ばかりのパーソナルジム。ですが、始めにくい理由として、こんなデメリットもあります。

価格が高い

最も大きなデメリットです。

パーソナルジムの平均コース料金は20,6384円(2か月コース料金、当サイト調べ)となっていて、少し始めにくく感じるかもしれません。

「今までの人生の悩みが一気に解決できるかもしれない」と考えると、高くはない買い物ですが、契約するまでお財布との慎重な会議が必要です。

コミュニケーションが必須

マンツーマンのトレーニングなので、コミュニケーションは避けられません。

セッション中も「昨日は何を召し上がりましたか?」「トレーニングの効果はどうですか?」など、たくさんのやりとりをします。

人見知りしがちな方だと、トレーナーに心を許すまで少々時間が必要かもしれませんね。

トレーナーとの相性が重要

トレーナーも人間なので、気が合わない相手と関わる可能性も十分あります。

2か月間とはいえ、自分の食事・睡眠・運動と、身体のすべてを預けるお相手。その相手と相性が合わないと、なんだかやる気も湧かないですよね。

少しでもトレーニングしづらいと感じたときは、すぐに変更してもらいましょう。

トレーナーが変わる場合が多い

これは、大手のジムではよくあるパターンです。というのも、多くのトレーナーに実績を積ませるために、1人のユーザーを複数のトレーナーで指導するから。

一人のトレーナーからだけでは得られない、多角的な指導はしてもらえるかもしれません。ですがコミュニケーションが苦手な方には、「毎回初対面の人とトレーニングするのはちょっと・・・」と感じるかも。

不安な場合は、トレーナーは固定制か変動制か、事前に確認しておきましょう。

おすすめできない人
  • 確実に効果を出したい人
  • 自分なりにダイエットをしてみたい人
  • マンツーマンのコミュニケーションが苦手な人
  • トレーニングや食事を管理されたくない人

体験に行ってみよう!

体験する女性
期待している女性
パーソナルジムで、今までの自分を変えてみたい!

パーソナルジムに対して、少しでも興味を持ち始めた方には、体験トレーニングがおすすめ。

各ジムによって体験時のプログラムや価格は変わってきますが、ほとんどの場合、本番のセッションより安く受けられるんです。

例えば、全国に展開している女性専用パーソナルジムReborn myself(リボーンマイセルフ)は、体験コースを無料で受けられます。通常のトレーニング(75分)は一回15,400円なのでとってもお得!

リボーンマイセルフ
Reborn Myself
リボーンマイセルフ
結果には個人差があります。すべての方の効果を保証するものではありません。
  • 分割払い対応
  • 手ぶらOK
  • 予約しやすい
  • シャワー
  • 無料体験あり
  • 75分 × 16回 = 204,600円(税込)
  • 入会金:41,800円(税込)
  • 徹底した女性専用パーソナルジム
  • マンツーマンではない店舗あり

理想のパーソナルジムに出会うためにも、体験コースにはぜひ行ってみましょう。

コスパ重視のダイエットなら、絶対パーソナルジム!

パーソナルジムでトレーニングする女性

パーソナルジムと普通のジムの違い、メリット・デメリットをご説明しました。

※アイコンやバーが表示されている場合、横にスライドできます。

項目ジム
(スポーツジム)
パーソナルジム
価格約1~2万円約20万円
食事指導なしあり
特徴一人で頑張るトレーナーと2人で頑張る
マシン空いていないこともある予約制なので好きなマシンを使える
予約不要必要

パーソナルジムに少しでも興味が出てきた方は、まずは無料カウンセリングに行ってみましょう!

カウンセリング後に契約すると、入会金が無料になったりオプションが付いてきたりと、お得な特典が受けられることもあります。

もちろん、ただ話を聞きに行くだけでも大歓迎!

「どこのパーソナルジムがいいかわからない・・・」という方は、検索画面から、パーソナルジムに求める自分のこだわりを選んでみましょう。

「高そう」「厳しそう」「女性は行きづらそう」これらのイメージはもはや過去のもの。

現在は、始めやすい価格とおしゃれな内装、そして礼儀正しく情熱を持ったトレーナーがいるパーソナルジムがたくさんあるんです!

トレーナーの質手ぶらで行ける安いのが大事? ご自身のこだわりに応じてパーソナルジムを選んでみてください。

タイトルとURLをコピーしました